介護施設の種類によって変わる仕事内容と勤務体制

入所型介護施設での仕事内容と勤務体制

入所型の介護施設には介護が必要な高齢者が入居する形で利用することになります。そのため入所型介護施設は24時間体制で稼働していることになり、現場の介護スタッフの勤務体制は通常の早番・日勤・遅番と夜勤勤務も加わります。さらに、入所型介護施設の中にも施設によって違いがあります。介護度が重かったり重度の認知症を患った高齢者が入所する特別養護老人ホームでは、入浴介助や排泄介助、食事サポートなどの身体介護サービスの提供を行うことがメインとなります。一方、認知症の高齢者を対象としてグループホームでは認知症の進行スピード遅らせるようなレクリエーションなどを行い、高齢者の介護度が重くなった場合は退去しなければならない可能性があるので身体介護サービスの提供は必要最小限になります。

通所型介護施設での仕事内容

通所型介護施設には高齢者が日中利用するデイサービスがあります。ほとんどのデイサービスは高齢者が朝から夕方にかけて利用するので、現場のスタッフの勤務体制も早番・日勤・遅番などが基本になります。一般的なデイサービスでは、高齢者の送迎や身体介護サービスの提供、生活援助や介護レクリエーションなどが提供サービスのメインとなります。しかしデイサービスの中には機能訓練に特化した施設もあり、そのような施設では高齢者の体力低下スピードを遅れさせるため、リハビリテーションや運動療法を中心としてサービスの提供が行われます。このような施設を利用するほとんどの高齢者は比較的ADLが自立しており、現場の介護スタッフも身体介護サービスの提供を行うことはありません。

介護の求人を東京で探すことで、経験者に対する待遇が良い職場の特徴をすぐに把握することが可能となります。